--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/22

帝王杯結果



今回も一回戦負け余裕でした。巣鴨の時と同じく2-1で一セット取られましたが、前回はあと一歩、今回はあと一手といったところでした。前よりは勝ちに近付いたかな。以下反省会場。
一戦目:序盤で置きミスして悲しい単発したら、相手が即本線撃ったので補修して発火。5手で発火色が3個以上来る若干良いツモにも助けられて勝ち。置きミスが多い人なので、リカバリは得意なのです。まあでもツモが来ない可能性があるので20%くらいは負け試合。

二戦目:早い催促されて、こちらが副砲撃てずに、本線対応して相手にのばされて負け。猛反省。もう少し待ちが広くて早く副砲を早く作っておけばなー。副砲の発火色がちゃんと来なくても撃てないといけないな(=多色発火の副砲)。強豪の人みんなできるんだよなー。あと素早く副砲を建設することが必要。セカンドはまあふつうでした。

三戦目:催促合戦に勝って相手を撃たせてこちら伸ばし。8手くらい引いても発火色の青2個が全然来ない→お邪魔ぷよがグサリ。あと一手で撃てました。ちぎらないように置けば間に合ったかもしれないのでそこはやや反省。試合後に「青来てれば負けてました」と相手のかたが言ってたので、相当ツモが悪かったと実感。

全体の課題:二戦目に尽きます。三戦目は仕方ないとして、二戦目で勝たなきゃいけなかったです。前から多色発火のできる催促は覚える必要があると思ってたけど今回で確信しました。二週間ほど研究の旅に出ます。早めに催促を持つのは連鎖尾と折り返し部分を削ればたぶんできます。というか最近までできてました。今までの感覚を思い出すだけです。

反省終わり。強豪以外の知ってる人は結構いたけど、トーナメントからいつの間にか消えてしまいました。波乱はかなりあったけどベスト8は有名どころしかいないかな?

決勝:thomson vs tom
巣鴨大会と一緒の組み合わせw だけど、やっぱりこの二人は見てて飽きないですねー。今でこそ、この二人の百先動画がありますが、1年前は私が一番見たいと思っていた組み合せでした。だからもう前回の巣鴨大会決勝はドキドキものでしたよ。今回もコンパクトというか鋭いというかそんな催促の応酬の試合が多くてシビれました。結果は上の動画の通りです。他にも、Kuroro vs ALF 、momoken vs thomson などの前から見たかったカードがたくさんありました。動画上がったら即見直します。

この一週間はぷよ漬けでしたが空間把握能力がぐんと上がった気がします。なんか自然にセカンドや連鎖尾の発想と段差計算が生まれてきます。これが波紋とかオーラとか呼ばれてるやつか・・・。長年の夢だったACセカンド6以上の安定はあと半年くらいでいけそうな気がしてきました。大会では負けたけどがぜんやる気が出てきました。
対戦会 | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。