--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/06/28

ぷよぷよの転換期を迎えました

新しくやりたいことが見つかってきました。一時期、キーぷよと合体を多用しない時期がありましたが復活させようと思います。キーぷよや合体は副砲の基本ですが、どうしてもそれらを多用すると凝視の能力が高い人には狙われやすい気がします。というわけで封印していましたがこれから使いまくります。

キーぷよは本線の発火点が副砲で埋まっている時が多いので、短くて大きい副砲を撃たれると、本線につなげる間もなく埋まってしまう場合が多いです。例えばこちら3連鎖のキーぷよをした副砲で、相手が多連結2トリなら、こちらのおける手は2~3手(AC基準)。確率計算はしてないけど、本線発火できるのは感覚からいって2手なら10%、3手なら30%くらいな気がします。

また合体部分は本線と反対側にあるので、副砲とつなげない本線の緊急発火がしやすいですが、ご存じの通りつなげられずに発火するとオブジェができてしまうことが多いです。オブジェができる場合は、相手の副砲が大きくても催促として機能する場合が多いです。

というわけでDSのようにツモが引けまくれなくなって、また凝視が強い相手が増えて、2ぷよやACでは中盤タイプの戦いができずに、苦手な先撃ちタイプの戦いで甘んじていました・・・。今5割くらいの勝率でも、これでは大会で2回に1回は負けてしまうわけですよね。またこのままで満足していては将来伸び悩んでしまう。

そこでキーぷよは常に本線発火できるできるように、合体は連鎖尾としてつながる様に、改善する必要があるなと考えました。よく言われてることでも実践するのはかなり難しいです。まだ机上の空論で、しかもたまにしかできませんが、次の大会までにはできるように研究&特訓するつもりです。どの機種でも中盤タイプになるぞ!

俺、次のぷよ大会が終わったら、ニコニコでリプレイを「気持ち悪い」って言ってもらうんだ・・・
ぷよぷよ | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。