--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2009/08/13

上達の仕方

上達ノススメ(ありくいバージョン)

対象は、ぷよぷよをやったことないor本格的に始めたいけど何から始めていいか分からない、という初心者。テーマはどのような感じで上達するのかですが、かなり抽象的です。それでもおkという方のみどうぞ。
あとこれは私なりの成長方法なんで、この方法しかないというわけではないです。まあ目安程度にしてもらえれば。
階段積み、鍵積みとかの定形から先に覚えても問題はないけど、やはりAC上位に行くには不定形から覚えるべきだという強い信念を持っている人間なんで、不定形を先に覚える順を書きます。というか私は定型組めないんで書きようがないです・・・。

1.ネット上に上がっている100先をなにか一つ見て有名な土台を覚える(1週間くらい)
中盤とかはあまり見ないで、両者の土台だけに注目すればおk。ミスケン vs 服部、Tom vs Squikaの土台は基本的なのが多く、分かりやすいのでオススメ。GTRとか、だぁ積みとか・・・。

2.自分でシミュレータを使って10連鎖以上を組んでみる(2週間くらい)
1でよく組まれている土台をシミュレータを使って自分なりに連鎖を伸ばしてみます。おすすめの土台は長くなるので次回書きます。

3.とことんぷよぷよ機能を使って10連鎖以上を組んでみる(2週間くらい)
2を参考にして組みます。伸ばし方や暴発の防ぎ方が自然に分かってくるかと思います。

4.コンピュータ相手に戦う(2か月くらい)
15thぷよぷよ!(中古で3000円くらい)のコンピュータは過去の作品やぷよぷよ7に比べて強く、練習のしがいがあります。
強化コマンドをすると下を押しっぱなしで先撃ち6~9連鎖とかをしてきます。一般人が戦うとフルボッコレベルですね。しかし、2~3の練習で既に10連鎖以上は撃てるようになっています。コンピュータは催促などはしないので、本線だけ伸ばして後撃ちで撃退。ただしツモが悪くて本線が発火できなかったり、暴発してしまった時は、コンピュータに「博打速攻乙」と言ってやりましょう。
これは対速攻の練習と速く積む練習になります。自分で相手の強さを変えられるのもいいところだと思います。強化コンピュータに9割勝てるようになったら次のステップに進んでも良いと思います。

5.100先をたくさん見る(3か月くらい)
今回は中盤なども詳しく見ます。動画鑑賞のコツは、「どうすればこのプレイヤーは勝てたか」を考えることです。試合の流れが分かる様になれば6に進んでかまいません。また動画を見ていて組みたい土台が見つかったら、新しく2と3に戻ってみるといいと思います。

6.ネット対戦する(期間は人による)
ここまで来たら初心者卒業です。そして、これからは目の前の相手が教科書です。機種は2ぷよ、オンライン、wifi、その他何でもおk。催促、凝視、つぶしはここで学びましょう。全てのバランスが取れるようになるまで数か月~数年くらいかかるかもです。。。

7.ACをプレイする(引退まで)
都市部に住んでいる人は、近くのゲーセンに行って、大会や対戦会に参加してみましょう。ACは基本ネットのレベルで言うとトップ層の人しかいないです。ぷよぷよの本家にして最高峰ってヤツですね。ぷよぷよ関係の友人を作りやすいのも魅力です。

8.ここから先は私には未知の世界なので割愛。たぶん100先とかやってだんだん強くなるのでしょう。我々の冒険はまだ始まったばかりだ・・・!
ぷよ講座? | Comments(0) | Trackback(0)
Comment

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。