--/--/--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告
2010/04/25

伸ばしの優先順位について

誰にも意見を聞いてないので、間違ってる可能性もあるのですが(笑)

伸ばしには優先順位が存在します。それを知らないと効率良く伸ばすことができないばかりか、それに影響して中盤戦での自分の催促の許容量が小さくなって本線一辺倒になりがちです。そこで、ここで基本的な伸ばしの優先順位を覚えて、なるべく有利に戦えるようにしょう。

ここから先は例えばの話で、こちらの2ダブ催促に相手が8連鎖くらいを打ってきていて、あと5連鎖くらいで連鎖が終わります。さらにそれが全て見えている場合とします。

ネクストは①と②のどちらに使うのが正しいでしょうか。
例1:
ネクスト ネクネク            ①               ②
  ↓    ↓
  

正解は①。ハチイチの青と緑を使い切るのが効率が良いです。折り返し部分は画面の端なので、横に置くという選択肢が無い分、置ける時は早めに置いた方が良い場合が多いです。
結論→ハチイチ、1/16の色が両方使い切れるようならそのようにしましょう。折り返しは早めに完成させましょう。


例2:
ネクスト ネクネク            ①               ②
  ↓    ↓
  

正解は②。何手か後に発火色(青)を引くと思いますが、そこまで青を一個も引けずに、最後に青ゾロを引いたという状況だと運命が左右します。①は発火できませんが②は発火できます。それを運が悪いと単に捉えてはいけません。そこまで最善を尽くせなかったプレイヤーの責任です。たぶんこの状況だと1%くらいですがw
ついでですが、①にするくらいなら一手目の青は左から5列目に置いた方が良いです。上に伸ばしやすく連鎖尾も入れやすいからです。
結論→発火に必要な色はなるべく最後に入れるようにしましょう。


例3:
ネクスト ネクネク            ①               ②
  ↓    ↓
  

正解は②。①だと青を引いてから赤で発火となります。これは明らかに青だけを引く確率よりも劣ります。②だと仮に赤をこれ以上引かなくても、同時消しが入ったとしても他の色で連鎖尾をガンガン伸ばしていけます。まあ連鎖尾技術を持っていないと効率よく伸ばせませんがそこは気合いで習得しましょう。
ちなみにネクスト赤赤、ネクネク赤青だったら頭からのばした方が良いです(ツモ補正がきつい機種の場合は違います)。のちに赤を引く確率も青を引く確率も大差ないからです。それならば青を使いきっている方がまさるでしょう。
結論→あと一手で打てるようになった時は連鎖尾から伸ばすようにしましょう。なるべく伸ばす色を確定しないようにしましょう。


ここまでが基本ですね。あとは場合にもよるし、個人の別の技術の能力差によって効率の良さが変わるので、どれが良いとは一概には言えません。自分にとってベストな伸ばしは実戦で確かめて下さい。
ぷよ講座? | Comments(2) | Trackback(0)
Comment
No title
コメントが遅れてしまった…
ネット環境が無いと色々と厳しいですね…

折り返しを早めに完成させるのは重要ですよね。
例1と例3ははっきりこれが最善でしょう。

しかし例2はどうか…
一概には言えませんが、①の選択肢もかなり有効だと思います。
なぜなら2列目に青を置く以外に、3列目に緑を置いても勝てる連鎖が作れるから。

単純に大きい連鎖が必要なら②が最善でしょう。
連鎖尾に赤が入れば美味しいですね。
No title
確かに。そういう考え方なら、どちらも有力だと思います。多重折り返しは二種類のキーぷよを入れられるから後回しにしてもいいということですね。分かりやすい図を作るって難しいです…

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。